じゃず

酒とバラの日々 Days of Wine and Roses

AFFINITY / BILL EVANS     
Piano:ビル・エヴァンス  Bill Evans  
harmonica:トゥーツ・シールマンスToots Thielmans  
Bass:マーク・ジョンソン  Marc Johonson  
Drums:エリオット・ジグモンド Eliot Zigmund 他  



ハーモニカ:トゥーツ・シールマンス
Toots Thielemans

ハーモニカを演奏しているのがトゥーツ・シールマンスです。
親しみやすい楽器ですが、ジャズ界ではほとんど使い手がいないハーモニカが貴重ですね。
セサミストリートのテーマの作曲者としても名高いトゥーツですが、ジャズ喫茶で、この凄い演奏に出会い、レコードを買いに走りました。


凄みのある、また、色気のある演奏は、数々の演奏のベストトラックの一つになると思います。

 

曲名:酒とバラの日々 Days of Wine and Roses

この曲は、セッションでの定番で、ほぼ毎回リクエストがあります。
映画音楽で、魅力のあるテーマが演奏者に好まれているんですね。


(トゥーツ・シールマンス)似顔絵:作



<今日のひとり言: 自分の身体へ!>

お身体、休めてますか?身体さん、今日もありがとう (^^)!





読んでいただきありがとうございます。
今日に感謝いたします。     仁(じん)

(毎週金曜日更新予定)

*このブログのイラストをお手伝い頂いているりぼんさんのインスタグラムです→@ribon38

この素晴らしき世界 What A Wonderful World前のページ

イン・ア・センチメンタル・ムード In A Sentimental Mood次のページ

関連記事

  1. じゃず

    ダニー・ボーイ Danny Boy

    DANNYBOY(Londonderry Air)TOKYO-200…

  2. じゃず

    ウォーターメロン・マン Watermelon Man

    WATERMELON MAN / HERBIE HANCOCK  …

  3. じゃず

    ブルー・マイナー Blue Minor

    HANK JONES THE GREAT JAZZ TRIO-BL…

  4. じゃず

    この素晴らしき世界 What A Wonderful World

    新年あけましておめでとうございます。お正月どのように過ごされています…

  5. じゃず

    レット・ハー・ゴー Let Her Go

    LET HER GO - PASSENGER - ACOUSTIC…

最近の記事

  1. ジングルズ Jingles
  2. フィール・ソー・グッド Feels So Good
  3. フリー・ユア・マインド Free Your Mind
  4. ルート66 Route 66
  5. 珈琲タイム Coffee Time
  1. じゃず

    ボヤッジ Voyage
  2. ジャズギター

    じゃず

    ロード・ソング Road Song 
  3. じゃず

    サヴォイでストンプ Stompin’ at the Savoy
  4. じゃず

    プラスティック・ラヴ Plastic Love
  5. じゃず

    はじめてのチュウ Hajimete no Chu
PAGE TOP